= 三国志の武候祠博物館・2009四川旅行17 =

成都のもう一つの定番観光スポットが武候祠(ぶこうし:博物館)です。
 
ここ武候祠は三国時代の蜀漢の宰相・諸葛亮(孔明)が主君の劉備とともに祀られている所です。

私には猫に小判ですが、三国志好きにはたまらないスポットだとではないでしょうか。

6世紀ごろから建設が始まり、明代には隣接する主君・劉備玄徳の陵墓、漢昭烈廟と併合されたのだそうです。

その後、戦火で消失し、、現存する建物は清代康熙の1672年に再建されたものだそうです。


大門から入った所です。 古刹を感じさせるアプローチです。

1IMG_4386

境内の案内図です。 境内は3.7万平方メートルの広さだそうです。

境内には南北に、大門、二門、劉備殿、過庁、諸葛亮殿の五つの主な建物があります。

2IMG_4387

大門を通ると、六通の石碑があります。

その中でも孔明を称えた唐代の809年建立の唐碑はかなりの文物価値を持っており、"三絶碑"と呼ばれているそうです。

3IMG_4393唐碑

ここは三国時代に活躍した勇士の人形が50体飾ってあるところです。

5IMG_4403

その中の一つ、劉備の像です。

6IMG_4409劉備

張飛の像です。 怖い顔をしてますね〜

7IMG_4406張飛

これで、「2009四川旅行シリーズ」を終わります。

モーちゃんのブログへおいでいただき、ありがとうございました。