モーちゃんの人生を楽しむブログ

人生を楽しもう!をモットーに、モーちゃんの趣味 (海外旅行、国内車泊旅行、ガーデニング、パソコン、テニスなど) を中心にモーちゃんの毎日の話題を投稿しています。

= モーちゃん救急車でルガーノの病院へ・スイス旅行2014 =

ルガーノでの2日目、7月26日にはひどい目に合いましたした。

前日の夜から、ちょっとお腹の調子が良くなくて、「少し食べ過ぎたかなあ」と思っていました。

朝食時もあまり良くなく、パンを少し食べただけで食欲がありません。

そしたら、徐々にお腹の調子が悪くなり、居ても立ってもいられなくなりました。


*トイレでは後ろから、前から、出る出る、もう、何も残ってないのに出そうとします。

貧血なのか、ふらふらして立っていられません。

あまりにもの気持ち悪さと苦しさが我慢出来ないとことまできて、家内に救急車を呼んでくれとトイレから。

家内が「フロントで頼んで来る!」と出て行きましたが、しばらくして帰って来ると、

「部屋の電話から自分で呼んでくれだって」と、戻って来ました。

ったく、不親切なホテルだなと思いつつも、早く来てもらいたいのですぐに「0-144」にかけました。

電話の相手は私が「早く来てくれ」と頼んでいるにもかかわらず、あれや、これやと尋ねます。


*10分ほどして救急隊が部屋に入って来ました。

制服を着た屈強な男性2人と女性1人で、手には何やら医療機器をたくさんぶら下げています。

それらの機器を私の体に装着しながら、これまた、あれや、これやといろいろ尋ねられました。

点滴もその場で始まりました。

30分ほどたったでしょうか、気分がかなり良くなりました。


*やがて救急車で病院へ入り、台車に乗せられたまま救急病室のようなところへ運ばれました。

看護婦さん2、3人で、血圧計のセット、血液検査のための採血、点滴、心電図の電極付けなどなど手際よくやっていきます。

が、採血がうまく行きません。

血が出て来ないというのです。

腕のあちこち、5、6カ所くらいやって、やっと絞り出すようにカプセルに5、6本の採血ができました。

私の血圧は[[http://blogs.yahoo.co.jp/whfsc363/54886179.html 食道がんの手術]以降、普段から上が100前後と低いので、そのせいかもしれません。

病院に着いた頃には気分もかなり良くなっていましたので、大事はありませんでした。


*採血の結果が1時間後くらいに出て、正常でしたと女医の説明があって、ベッドから開放されました。

次が医療費の支払いが出来たのが13時ころです。

スイスだからさぞ高いのではと心配してたら、500スイスフラン(SF)(57,500円)でした。

「やれやれ、これくらいで済んで良かった」と思ったら、「救急隊にきてもらいますからちょっとお待ち下さい」

と、私を搬送して帰って行った救急隊に電話するのです。

まさか、救急車が有料??? と待っていると、先ほどとは別の隊員2名が病院にやって来て、

なんと850SF(97,750円)を請求されました。

エー!とまたびっくり。

まあ、こちらから頼んだことだし、命にかかわることだから仕方ありません。

これもカードで払いました。

こちらではハンディな無線でつながるカード読み取り装置があって、どこでもカード決済をすることが出来るのです。

医療費と救急代と帰りのタクシー代40SF(4,600円)も入れると、合計1,390SF(159,850円)の出費になりました。

後は帰国後、どこまで保険で取り戻せるかです。


*いやいや、それにしても、ところ変わればなんとやらのように、病気するのも場所を考えてしないといけませんね。

ドブロブニクのように医療費が無料だった国もありますからねえ。

これからは、訪問する国の医療費や救急が有料かどうかを調べてから来ないといけないと思いました。

そして、救急が有料のところでは、電話で料金を確認してから来てもらうか、自分でタクシーで行くか、

はたまたじっと我慢するかを判断しなければなりませんねえ。

そうこうしているうちに命がなくなっては元も子もありませんが・・・


*ところで、腹痛の原因ですが、さっぱり分かりません。

前日の夕食はレストランでスパゲティと鶏肉のサラダを家内と一緒に食べたのですが、家内はなんともありません。

前夜遅くにプラムを1つ食べたのですが、これも原因とは考えにくいのです。

しかし、症状から見て、「食べ過ぎ」ではなく「食中道」のような感じでした。

食道がんの手術を受けた後、お腹がデリケートになったようです。


*この日はルガーノからルツェルンまで移動する日でした。

入院中はホテルのチェックアウトも気になりました。

ぐちゃぐちゃのまま出て来た部屋は次の人の予約が入っているかも知れません。

家内にホテルに戻って、その辺のことを確認してもらうに、13時までチェックアウトを伸ばしてくれました。


*13時半ころ、タクシーで私もホテルに戻れました。

14:12の列車があったので、昼食を買って列車に乗り込みました。

この日は雨でしたが、宿は駅のすぐ前だったので助かりました。

列車の中で「やれやれ」と二人でため息を思う存分つきました。

病み上がりの体を叱咤激励しながら、なんとかルツェルンまで移動することができました。

やれやれ、いろいろありますねえ・・・


★その後保険金は申請通り払ってもらえました。(SF:スイスフラン)

 申請額:病院代 500SF+救急車代 850SF+帰路のタクシー代 20SF 合計1,370SF
 受取額:1,370SF×114.21=156,468円

★その後、9月6日に救急隊から送られて来た書類です。

1IMG_0003

2救急隊から送られて来た



ZOOMミーティングの目次
06.21 モーちゃんの動画・スイスのロートホルン鉄道の目次
車泊旅行を始めよう!の目次
大地震への備えの目次

モーちゃんのブログの紹介です


下記URLをお気に入りに登録しておくといつも最新のモーちゃんのブログが出てきます。
  http://mohchan.blog.jp/ 



= ベリンツォーナのカステルグランデ・スイス旅行2014 =

(サービスを停止されて消滅した過去のYahooブログをライブドアのブログで再構築しています)

スイス旅行、ベリンツォーナの続きです。

モンテ・ベッロ城から見たベリンツォーナのカステルグランデ(巨城)です。

1DSC08702 のコピー

ベリンツォーナの市街地の岩山の上に立つ世界遺産の1つです。

中心部にそびえるのはトッレ・ネラとトッレ・ビアンカという2つの塔です。

2DSC08701 のコピー

お城へのアプローチです。

市街地からすぐなのですが、どこからどう行ったら良いのか、道を聞いても良くわかりません。

この女性に尋ねたら、私も行くところだと、地下の駐車場や、エレベーターなどを通って連れて行ってくれました。

3DSC08584

お城は岩山の上にあるのですが、まず、こんなに広い芝生広場に出ます。

この広場は、昔サン・ピエトロ教会などの建造物群が建っていたところなのだそうです。

4DSC08586

左側の塔に登ってみました。

5DSC08600

上から見た先ほどの芝生広場です。

6DSC08605

芝生の向こうに見えているのは市街の中にある参事会教会です。

7DSC08606参事会教会

向こうに見えるのが、最初に登った塔です。

あそこから、下に見える連絡通路を通ってこちらの塔に登ったところです。

8DSC08617

こんな空中の連絡通路です。

12DSC08644

こちらはお城の裏側です。

お城の城壁が伸びているのが良くわかります。

9DSC08618

こちらは反対の東の市街地を見たところです。

山の中腹に別のお城が見えています。

このお城がモンテ・ベッロ城です。

10DSC08630東側

最初の写真はこのお城から撮ったものです。

11DSC08632東側



ZOOMミーティングの目次
06.21 モーちゃんの動画・スイスのロートホルン鉄道の目次
車泊旅行を始めよう!の目次
大地震への備えの目次

モーちゃんのブログの紹介です


下記URLをお気に入りに登録しておくといつも最新のモーちゃんのブログが出てきます。
  http://mohchan.blog.jp/ 



= ベリンツォーナのモンテ・ベッロ城・スイス旅行2014 =

(サービスを停止されて消滅した過去のYahooブログをライブドアのブログで再構築しています)

今日は7月25日に訪れたベリンツォーナのモンテ・ベッロ城のご紹介です。

ティチーノ州の州都であるベリンツォーナには世界遺産に登録されている3つの城と城壁が残っています。

その1つはカステルグランデ(巨城)で、2つ目は、モンテベッロ城、

そして3つ目が13世紀に建てられたサッソ・コルバロ城だそうです。

いずれも13世紀から15世紀にかけて造られたものだそうです。

その3つ目のサッソ・コルバロ城です。

城壁が下の方まで伸びています。

1DSC08630東側 のコピー

山の斜面に建てられているのが分かります。

2DSC08632東側 のコピー

市街から行くのは、このような狭い道を登っていきます。

3DSC08678

しばらく登るとパッと視界が開けて城壁が見えて来ます。

4DSC08681

広い芝生の丘の上にお城が見えてきました。

5DSC08683

城内に入っていきます。

いかにも古めかしい石造りの城壁や建物がそびえています。

6DSC08691

高い城壁に登る階段がありました。

7DSC08695

城壁の上に登ってきました。

何やら柱のようなものが林立しています。

8DSC08718

その下はこのような丸い塔になっていました。

9DSC08720

城壁の上から西側を見るとベリンツォーナの市街とカステルグランデが見えています。

10DSC08702

こちらは北東側です。

この先にベリンツォーナの駅があります。

11DSC08703

こちらは南西側を見たところです。

芝生の中庭と城壁が南西へと伸びています。

城壁の先に市街の市庁舎の塔が見えています。

12DSC08705

城内の住居に使われていたという建物の一つです。

なんとも味わいのある石造りの建物です。

13DSC08735

その建物の扁平石で葺いた屋根です。

14DSC08738

つづく・・・



ZOOMミーティングの目次
06.21 モーちゃんの動画・スイスのロートホルン鉄道の目次
車泊旅行を始めよう!の目次
大地震への備えの目次

モーちゃんのブログの紹介です


下記URLをお気に入りに登録しておくといつも最新のモーちゃんのブログが出てきます。
  http://mohchan.blog.jp/ 




= ベリンツォーナの参事会教会・スイス旅行2014 =

(サービスを停止されて消滅した過去のYahooブログをライブドアのブログで再構築しています)

ルガーノでの2日目、7月25日はルガーノからバスで30分のベリンツォーナにやってきました。

ベリンツォーナの市街中心、コレギアータ広場にある参事会教会です。

1DSC08536

協会のバラ窓です。

ステンドグラスではありませんが、大きくて立派です。

下から撮っているので楕円に写っていますが、円形です。

2DSC08538

協会の入り口です。

木製の重々しい扉です。

3DSC08539

協会の身廊です。

クロッシングの上にドームが見えていて、この左右に翼廊があります。

4DSC08545

天井の素晴らしい彫刻です。

5DSC08543

身廊の全体を見渡すと、立派な説教壇が目に付きます。

6DSC08541

説教壇は木造のものが多いのですが、これは金属と瀬戸物を融合したもののようです。

7DSC08546

説教壇天井の飾り付けです。

8DSC08555

説教壇基部の飾り付けです。

ここまで良く造るものですねえ。

9DSC08552

こちらは礼拝堂です。

この装飾もすごいですねえ。

10DSC08558礼拝堂(左側)

ヨーロッパの大聖堂や教会にはその建築美と装飾美に素晴らしいものがあります。

いつまで見ても見尽くせないほどの装飾、もっと見ていたい、だけど時間がない。

と、いつも悔しい思いをするのです。



ZOOMミーティングの目次
06.21 モーちゃんの動画・スイスのロートホルン鉄道の目次
車泊旅行を始めよう!の目次
大地震への備えの目次

モーちゃんのブログの紹介です


下記URLをお気に入りに登録しておくといつも最新のモーちゃんのブログが出てきます。
  http://mohchan.blog.jp/ 



= ベリンツォーナとロカルノの目次・スイス旅行2014 =



‘’’投稿日  題名'''
ベリンツォーナとロカルノへ・スイス旅行2014]

07.05 ベリンツォーナとロカルノへ・スイス旅行2014
07.06 ベリンツォーナの参事会教会・スイス旅行2014
07.06 ベリンツォーナのモンテ・ベッロ城・スイス旅行2014
07.06 ベリンツォーナのカステルグランデ・スイス旅行2014

07.09 ロカルノの町・スイス旅行2014
07.09 ロカルノのヴィスコンティ城・スイス旅行2014
07.09 ロカルノ・マドンナ・デル・サッソ教会からの眺望・スイス旅行2014
07.09 ロカルノのマドンナ・デル・サッソ教会・スイス旅行2014




ZOOMミーティングの目次
06.21 モーちゃんの動画・スイスのロートホルン鉄道の目次
車泊旅行を始めよう!の目次
大地震への備えの目次

モーちゃんのブログの紹介です


下記URLをお気に入りに登録しておくといつも最新のモーちゃんのブログが出てきます。
  http://mohchan.blog.jp/ 



= ベリンツォーナとロカルノへ・スイス旅行2014 =

(サービスを停止されて消滅した過去のYahooブログをライブドアのブログで再構築しています)

昨日の7月25日はルガーノからベリンツォーナとロカルノへ行って来ました。

午前中はベリンツォーナというスイス・ティチーノ州の州都に列車で行きました。

ルガーノから特急のような列車で1駅、25分くらいのところです。

最初に訪れた参事会教会です。

1DSC08646

素晴らしい装飾で立派な教会でした。

2DSC08541 のコピー

次は市庁舎です。

ここもとてもきれいな建物でした。

この中にインフォメーションがあります。

3DSC08570 のコピー

次に行ったのが世界遺産のカステルグランデ(大城)です。

この写真はモンテベッロ城から望遠で撮った写真です。

4DSC08732 のコピー

そのカステルグランデの塔から見た光景です。

高い2つの塔があって、登るとベリンツォーナの町とその郊外が一望の元に見えます。

5DSC08617 のコピー

次に訪れたのが、これも世界遺産のモンテベッロ城です。

この写真は逆にカステルグランデから望遠で撮った写真です。

6DSC08631 のコピー

このお城の特徴は、長い城壁があり、その上を歩くことが出来ることにあります。

7DSC08735 のコピー

午後はロカルノへ行きました。

ロカルノはベリンツォーナからさらに列車で30分ほど行ったところです。

ロカルノはイタリアとの国境に細長く位置するマッジョーレ湖の湖畔にあります。

まず訪れたのがヴィスコンティ城です。

ここはお城の外観全体を見ることが出来ませんでした。

8DSC08809 のコピー

次に訪れたのがケーブルカーで登って行ったところにある

マドンナ・デル・サッソ聖堂です。

9DSC08894 のコピー

素晴らしい聖堂で、中の装飾は、これまた息を吞むものがありました。

10DSC08860 のコピー

聖堂からの眺めがまた素晴らしかったのです。

マッジョーレ湖とロカルノの街並です。

11DSC08862 のコピー

最後にベリンツォーナのモンテベッロ城からの風景を動画でどうぞ

モーちゃんの動画スイス・ベリンツォーネのモンテベッロ城から 2014.7.25




ZOOMミーティングの目次
06.21 モーちゃんの動画・スイスのロートホルン鉄道の目次
車泊旅行を始めよう!の目次
大地震への備えの目次

モーちゃんのブログの紹介です


下記URLをお気に入りに登録しておくといつも最新のモーちゃんのブログが出てきます。
  http://mohchan.blog.jp/ 




↑このページのトップヘ